読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0209

WEB&デザイン関係のお仕事してます。2015年生まれの息子がいます。おたくでズボラです。

イケダハヤトさんを応援したくはならない

f:id:yua0209:20150910155037j:plain

天下のプロブロガー、イケダハヤトさんについて、ふと思い立ったのでつらつら。


私もイケダハヤトさんのブログ「まだ東京で消耗してるの?」はほぼ毎日見に行っています。出産してから今まで毎日見ていたManaさんやOZPAさんのブログは全く見なくなってしまったのに(ここ見てないだろうけどごめんなさい)イケダハヤトさんのブログは見に行ってしまう。

 

でも、毎日のようにブログを見に行ってても、記事を読むとは限りません。今日は見るもんないなと思ってそっとじもよくあります。
そして、ブログの常連でも、別にイケハヤさんが好きで応援してるわけではないのです。

まぁそれはそれでいいと思う。イケハヤさんもそれを承知で上から目線だったりとかディスりまくりとか、いろんな記事を書かれているだろうし、ブログにアクセスしてる時点でGoogleアドセンスのインプレッション数には貢献してるしイケハヤさんの思惑通りなんでしょう。

 

イケダハヤトさんの、ここが「うーん…?」

  • 上から目線・周りを馬鹿にしてる言い方が多い
  • 言ってる事が矛盾してる(というかご本人がそれをできてない?)ように見える

なんかもっといっぱいある気がしてましたが、まとめるとたった二つでした。

 

今日気になった記事と感想

サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由 : まだ東京で消耗してるの?

WEB制作会社 LIGのブログが話題に上ってますね。
そういえばLIGのブログも、産休に入る前は毎日見てたのに見なくなっちゃいました。でも、仕事(本業)に役立つから見てただけで、仕事復帰したらまた見ると思う。
まぁ、おもしろいか面白くないかは…よくわからない。おもしろいと思う記事もあるけれど。

あと

サラリーマンブロガーの最高峰の集大成ともいえるLIGですら、もう面白くない。本気で誰かを傷つける覚悟が、これからのメディアには求められるのです

サラリーマンは言わずもがな、守るものがあります。会社員であるあなたが文章を書くとき、あなたは「こんなこと書いたらやばいかも」という恐れが頭をよぎります。そしてあなたは、結論を変え、文末のエッジを落とし、「笑い」と「愛」でお茶を濁すのです。ああ!

守るものがある立場からは、もう「面白いもの」は生まれてこないんです

とありますが・・・

じゃあ、誰か(なにか)を傷つけていいの?むしろそうすべきなの?自分がおもしろいブログ を書くためだけに?そんなわけないでしょ。

私は、漫才などで、下ネタで笑いを取ろうとするネタが嫌いです。おもしろくない。
同じように、ディスって記事をおもしろくしようとするイケダハヤトさんも、好きにはなれない。そういう記事も、おもしろいとはおもわない。

だから、

メディアづくりにおいて「応援される」という要素は超重要です。面白い存在であれば応援されるし、応援されればさらに面白いものを作れるようになります。 

アートを突き詰めたければ、もっと本気で、全裸になるべきです。今は、そういうアートが求められている時代で、ぬくぬくコタツに入っている作家は愛されないのです。以上、サラリーマンのみなさま、わかりましたか。?

とあるけれど、少なくとも私はあなたを応援する気にはなりませんし、あなたの記事を面白いとも思いませんです、イケダハヤトさん。

あなたの悠々自適な生き方、年収はとても魅力ですけれど、他の人を傷つける生き方は嫌だ。そうでなくても普通に生きてるだけで傷つける事もあるのに。

 

こんなこと書くのは偽善かなーとも思うけど、イヤ〜な気持ちになっちゃうんです。
私はイケハヤさんにとったらディスる対象だからなのもあります。サラリーマンだし(育休中だけど)。高圧的な書き方でディスるから余計だな。わざわざそんな神経さかなでする言い方しなくてもいいのにね。話題性のためだろうけど。炎上もカウンターまわすから。

 

まぁ、それでもイケダハヤトさんのブログに日参するのは、タメになるなぁと思う記事もあるからで。
とくにおすすめの本なんかは参考にしてます。
今回のようなブログに関する記事も、反面教師にできますので参考にはなってます。ありがとうございます。

 

だから、そう、イケダハヤトさんは応援したくなる人じゃなくて、参考にする人。参考にしたい人っていうか、参考にする人って感じ。
応援してなくても私はやっぱイケハヤさんのファンではあるんだろうな。

 

これからもブログ見に行くのでがんばってください。

 

広告を非表示にする