0209

いろいろ参考になれば幸いです。

宗教コワすぎ!洗脳され5億を騙し取られた辺見マリさんのしくじり先生授業1

f:id:yua0209:20171007143741j:plain

先日「しくじり先生」をたまたま見たのですが…辺見えみりさんの母である辺見マリさんは宗教にハマり、「拝み屋」に洗脳されて5億をつぎ込んだ上ヘアヌードにまでなったそうですね。

壮絶すぎる内容と語り口で、2時間あっというまでした。おかげで息子を寝かせるのが1時間遅れました。

「洗脳される人って馬鹿じゃね?」って思ってるレベルの「洗脳度0%」から、10、60、90、100%と上がっていく様がこわああ!そして100%になってからがうわあああ!( ;´Д`)

ってことで用意してた記事を下書き保存のままにしていました…今再放送を見てて思い出したのでこのタイミングで公開します。

 

辺見マリさんも、初めは多くの人と同じく洗脳される人の意味がわからないみたいな思考だったみたいです。
しかし、辺見マリさんは、以下の「洗脳されやすい人の特徴」に当てはまっていました。
  • 真面目で責任感が強い
  • 負けず嫌い
  • 完璧主義(中途半端なところでやめられない)
 
洗脳度0%からどう100%になったのか、どう5億もの大金をだまし取られたのか…
忘れないうちに書き留めておきたいと思います。
(一応再放送を見ながら修正していってますが、間違ってたらご指摘ください…)
 

f:id:yua0209:20171007174146j:plain

洗脳度10% 〜安心〜

辺見マリさんが拝み屋に会ったきっかけは、当時信頼していた元マネージャー。
旦那さんと離婚して芸能界に復帰したものの、うまくいかなかったところに、辺見マリさんの元マネージャーが「知り合いに神様の声を聞ける人がいるから」と持ちかけられ、ついて行く事に。

しかしこのときは「こいつ何言うてんねん?笑」という感じだったらしい。

 

そう。この時点では「神様の声」に対して「何言うてんねん」と思えているのだ。

 

神様の声を聞けるという「拝み屋K」は、普通のおばさんで、旦那壺やお守り等の勧誘どころか神様の話など一切しなかったため、辺見マリのほうから人生相談をしてみた。すると、拝み屋Kは辺見マリの言う事を、否定せず、ただ聞いてくれたのである。そして料金の話は全くしてこなかった。
それで辺見マリのほうから、気持ちばかりにと辺見マリのほうから謝礼の5千円を差し出した。
しかし拝み屋Kは、「お金はいりません」と断ったのである。

拝み屋に家族がいることや勧誘をまったくされないこと、金銭の要求をされないことは、辺見マリにかすかに安心をもたらした。
これで洗脳度10%。

 このとき、拝み屋は、人生相談にのることで辺見マリの弱点を掴んでいった。辺見マリのほうは自分からお金を渡すことが習慣になっていった。
 

洗脳度60% 〜信頼〜

あるとき、拝み屋Kはいきなり辺見マリの娘について「辺見えみりの目が見えなくなる…という神のお告げがあった」と言い出す。ちなみにここまで一度も神様という単語を使っていなかった。
ただ、辺見マリはこの時も「何言うてんねんこいつ」と思っていた。
しかし、辺見えみりに聞いてみると、急激に1.5から0.1に視力が下がった事が判明。
自分の知らない娘のことを言い当てた・・・ほかにも母しか知らないことを拝み屋Kが知っていたこともあり、辺見マリは「拝み屋Kは本当に神様の声が聞こえるのかも」と信じ始めてしまった。
※これについては元マネージャーが拝み屋とグルだったため、身辺を調べて辺見エミリの目の不調に気づいた可能性が高いという。
 
ここで一気に洗脳度が上昇。そして「神様が金銭を要求している」との言葉が飛び出す。息子がグレるのを防ぐために10万が必要と言われた辺見マリはこの金額に対して「安っ」と思ったという。
 
そしてこの金銭の要求はエスカレートし、母の寝たきりを防ぐため、娘(辺見えみり)の目をよくするためと、数百万単位のお金を渡すことになった。
「騙されているのかも」と思うこともあったが、それよりも「何もしなくて家族が不幸になること」の方が怖かったという。
 

洗脳度90% 〜嫉妬〜

拝み屋Kを信仰している、A家族がいた。拝み屋KはAを懇意にしており、ある日そのA家族に会うことに。
それから、「KとAの修行の様子を見るだけ」ということが日課になる。マネージャーも一緒におり、マネージャーが「神様に仕える才能がある」といったように褒められている。最初は「修行なんてしたくない」と思っていた辺見マリは、やがて、見ているだけの自分が「仲間はずれにされている」という感情がわき、ついに自分から「一緒に修行をさせてくれ」とお願いしてしまった。
 
 
やがて拝み屋K、A家族、辺見マリのマネージャーは一緒に住み始めてしまう。そこに辺見マリも毎日通い「修行」する日々。
ちなみにこのときに発生する生活費などは全て辺見マリが出していた。辺見マリが拝み屋Kにお金を渡し、そのお金を辺見マリを含むみんなに分け与える。辺見マリはそれに対し「ありがとうございます」と感謝していた。
 

f:id:yua0209:20171007174244j:plain

なかには白のスウェットを全員で来てショッピングに行くという、さすがの洗脳中辺見マリも「ちょっとおかしい」という内容も。でも完璧主義者のため、恥ずかしくてもやりきった。
こういう「ちょっとおかしい」と思う修行をこなすうちに、「これはおかしい」と思う感覚がマヒしていくのだ・・・
 
辺見マリの周りの人は「騙されてる!もうやめろ!」と説得するが、辺見マリは「自分がやっているのは家族を不幸からまもるため」だからと逆に家族を説得していた。
 
 

洗脳度100% 〜囲い込み〜

やがて、拝み屋Kは芸能界引退を命令、辺見マリは実行。
これは社会と断絶することで辺見マリの価値観を操作しやすくする洗脳テクニックらしい。ついに洗脳度100%。
ここまで半年。取られたお金は一千万円
ただ、ここからさらに4億9000万円とられることになり、さらにヘアヌードにもなります。怖っ!!! 
 
 
ここでしくじり先生の1限目が終わり。
次は2限目があります。当ブログでもすでにかなり記事が長くなっているので次にまわしますw
失敗人生から学ぶこの番組…今回はマジでタメになりました。事実は小説より奇なりとはよく言ったものですな…壮絶すぎる。すごく面白かったけど笑えない。