0209

いろいろ参考になれば幸いです。

QRコードをPhotoshop→Illustratorで簡単にベクター化する方法

 

f:id:yua0209:20141129082407j:plain

QRコード(二次元バーコード)の画像をイラレのaiデータにする、私的に一番簡単な方法をメモ。

 

画像はCS5のものです。

 

Photoshopで選択範囲を色域指定

QRコード画像をPhotoshopで開き、コード部分を選択します。

選択範囲>色域指定で黒を選択。許容量は最大に。

 

f:id:yua0209:20141129082420j:plain

選択範囲をパスに変換

パスウィンドウにて選択範囲をパスに変換。

そのままだと元の画像がパスがうまくいかない場合は

パスウィンドウのメニューにある「作業用パスを作成」から

許容値を最小(0.5)にします。

 

f:id:yua0209:20141129082016j:plain

 

イラレへのパス書き出し

ファイル>書き出し>illustratorへのパス書き出し…を選択。
これでaiデータができます。

※よく「illustratorへのパス書き出し…」をしても書き出せない!というのを聞くんですが、このようにフォトショ上でパスを作っておかないと書き出せません。

 

f:id:yua0209:20141129082048j:plain

 

ilustrator状でパスを選択して中マド

フォトショから書き出したaiファイルを開きます。
すると、パスはできているものの、色はついていない状態です。
これにこのまま色をつけると、本来白い部分まで色がついてしまいます…。

f:id:yua0209:20141129082226j:plain f:id:yua0209:20141129082245j:plain

そこで、コード全体を選択して、パスファインダーの形状から「中マド」を選択。

f:id:yua0209:20141129082259j:plain

完成!

色も簡単にかえられます〜

f:id:yua0209:20141129082321j:plain